御嶽山慰霊登山

御嶽山は乗鞍岳の南隣の3000m級の火山で6年前の9月27日に噴火して死者行方不明者63人の戦後最悪の火山災害となりました。私の残された未登頂の3000mの山で以前から登りたかった山で、12年前に乗鞍高原に移住してから登山しようと思っていましたので、もしかしたら私自身犠牲者になったかもしれません。噴火の影響で長らく立ち入り禁止でしたが、昨年ぐらいから山頂まで行けるようになり、先日慰霊登山してきました。コースは日帰りで山頂の剣が峰3067mまで行けるのは御嶽ロープウエー利用の黒沢口からのルートです。自宅から御嶽ロープウエーまでは車で約2時間。8時半始発に乗り、上り3時間半下り2時間半の行程でした。曇天で登り始めましたが視界はよく、北は乗鞍岳から北アルプス、東は中央アルプス・南アルプスから富士山まで展望出来、9合目付近から晴れて青空となりました。山頂への最後の階段の右に慰霊碑があり手を合わし犠牲になった方々の冥福をお祈りしました。まだまだ噴火の痕跡は多くあり、現時点では噴火はおさまっていますが9合目からはヘルメットを装着して登りました。日本は全国各地に火山があり(乗鞍岳も火山です)登る前には必ず気象庁や山のある自治体のサイトで火山情報を確認して、登山届は必ず提出してください。

6年前の噴火数日後に乗鞍岳山頂から見た御嶽山です。まだまだ噴火が続いていました。
御嶽ロープウェーのゴンドラで7合目近くまで運んでもらえます。
ロープウェー上部は紅葉が始まっていました。この時点では曇でしたが遠くまで展望出来ます。
約1時間余りで8合目女人堂に着きました。
登山道途中のいたる所に鳥居や石仏があります。昔から霊山として崇められていました。
さらに1時間15分程で9合目の石村山荘に着きました。
9合目から上に登ると晴れてきました。このあたりからは岩や石がおおくあります。右に二ノ池と小屋が見えます。
最後はこんな感じの道をひたすら登ります
慰霊碑です。噴火の犠牲になった方々のご冥福をお祈りいたします。
山頂への最後の階段
御嶽山の山頂3067m剣が峰です。
山頂から見た、乗鞍岳・槍ヶ岳・穂高岳
富士山も遠く見えました。